広告 お役立ち情報

【ひるおび】少女漫画誌の付録が麻雀セットだった!「なかよし」2024年2月号『ぽんのみち』

2024年1月26日

少女漫画誌の付録が、驚きの麻雀セットだったということで、2024年1月26日の「ひるおび」で紹介されました。

「なかよし」(少女漫画誌)に連載中のぽんのみち』という麻雀のマンガがアニメ化された記念で、付録になったそうです。

なかよし2024年2月号

「なかよし」2024年2月号は、麻雀セットの付録が大人気で、売り切れ続出のようですね。

「ぽんのみち」とは

広島県尾道市が舞台女子高生が主人公。

自宅で騒ぎ過ぎた事が原因で、母親から家を追い出され、父親が昔経営していた雀荘に辿り着き、そこで5人の女子高生が過ごすことになる。

雀荘にあった麻雀牌から精霊が出てきて物語は始まる。

子ども麻雀教室が全国で広まっている

ひるおびでは、ニューロン麻雀スクール(大井町校)に長い列を作って、子ども達が並んでいる姿が映し出されました。

ニューロン麻雀スクールでは、月に2回、東京・大阪などの13の教室で、子ども麻雀教室を開催しています。

子どもや大人が感じる麻雀の魅力!

・ワクワクする楽しみがある

・相手の牌が分からないところ

・数学の勉強になる

まとめ

「なかよし」に連載中の『ぽんのみち』という麻雀のマンガがアニメ化された事や、ゲーム等から子どもたちに麻雀が広まっているようです。

麻雀をやった事が無いので、まずは『ぽんのみち』のアニメを観て勉強したいと思います。

-お役立ち情報