沖縄に移住したい!仕事はあるの?沖縄移住する前から仕事を探す方法

2021年4月15日

いつかは沖縄移住してみたいという人は多いですよね。

極寒の冬には温暖な沖縄がパラダイスにみえるし、花粉症の季節には花粉がほとんど無い沖縄がうらやましくなると思います。

そうすると現実的な問題として、仕事があるのかが重要になってきますよね。

そこで、沖縄に移住する前から仕事を探す方法を紹介したいと思います。

沖縄に移住する前から仕事を探す方法

今はインターネットがあるので、沖縄に移住する前からインターネットを使って仕事を探すことができます。

どんな方法があるのでしょうか。

転職エージェントに登録する

◆おすすめの転職エージェント

どちらも申し込みや登録は無料でできます。

リクナビNEXT

リクナビNEXTでは、沖縄に仕事があるかどうか、すぐに検索することができるんです!

転職エージェントは、リクナビNEXT以外にも、たくさんの会社があります。

全国的には仕事があっても、都心部に集中していて、地方である沖縄に本当に仕事があるのかどうかが一番気になるところですよね。

転職エージェントのホームページでは、沖縄で仕事があるのかどうかを検索する前に、自分の情報を登録しなくてはならないサイトがほとんどなんです。

自分の情報とは「就職希望時期」や「勤務地」、「職種」、「年齢」、「年収」などです。

それらの情報をせっかく登録しても、いざ検索をしてみたら沖縄に仕事が無かったなんてことになったら、がっかりしますよね。

最初に、沖縄に仕事があるのかどうか、ちょっとだけ見てみたいなと思いませんか。

それがリクナビNEXTではできるんです!

自分の情報を登録しなくても、沖縄にどんな仕事があるのかどうかを見ることができるんですよ!

《リクナビNEXTで沖縄の仕事を探す方法》

リクナビNEXT

①左上の赤枠部分をクリックして、サイトのトップページを表示します。

②勤務地を選択します。

③九州・沖縄の中から「沖縄」を選択します。
私が検索した時には390件とでてきました。
もちろんこの求人の詳細も見ることができるんですよ!

沖縄で仕事があるということが分かったし、とても分かりやすく使いやすいサイトだったので、実は私はこの後すぐにリクナビNEXTに登録しました。

私の希望の条件は、在宅勤務でお仕事をすることなんです。

インターネットで「沖縄 在宅勤務」で検索しても仕事の数は少ないんですよね。

ハローワークで沖縄での在宅勤務について相談しても、本土に比べると少なめだと言われました。

それが、リクナビNEXTで検索すると複数見つけることができたんです!

仕事を探す時には、自分の住んでいる地域だけではなく、全国的に視野を広く持たなければならないなと思いました。

リクナビNEXTに登録をすると、毎日にように仕事の求人がメールで送られてきます。

自分が登録した条件にあった仕事なので、おっ!と興味を引く仕事の求人がほとんどなんです。

「面接1回」や「17時まで退社可」、「離職率5%」なんて書いてある魅力的な仕事の求人も届きます。

リクナビNEXTに登録して良かったなと思っています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界で最大級の約10万件の求人を持っているサイトです。

非公開の求人がほとんどなので、すぐにでも就職を決めたい人は登録することをおすすめします。

申し込み後にキャリアアドバイザーと面談をして、仕事の求人の紹介や応募書類の書き方、面接のアドバイスなどを受けることができます。

私がまだ関西にいた頃になるので15年以上前になりますが、リクルートエージェントを利用したことがあります。

キャリアアドバイザーと面談をして、すぐに条件に合う求人を2、3件紹介してもらうことができました。

面接までの日程調整も素早かった記憶があります。

そしてすぐに採用が決まりました。

非公開の求人がほとんどなので、自分で就職活動をしていたら、こういう会社には辿り着かなかったなという感想でした。

◆おすすめの転職エージェント

どちらも申し込みや登録は無料でできます。

ハローワークインターネットサービス

ハローワークインターネットサービス

ハローワークには「ハローワークインターネットサービス」という検索システムがあり、全国のハローワークの求人を検索することができます。

でも、「ハローワークインターネットサービス」という名前を知っておかないと、なかなか検索でヒットしてこなかったんです。

例えば「那覇 ハローワーク」で調べても検索でヒットしませんでした。

ですので、ハローワークに電話をしてこのサイトを教えてもらったんですよ。

沖縄の求人を探すのならば地域を選択します。

検索条件がたくさん設定できるのですが、もし自分がこういう仕事がしたいというものがあったら、フリーワード検索がおすすめです。

検索条件の下の方にあるので、頑張ってスクロールしてくださいね。

例えば「理学療法士」とか「児童指導員」というワードを入力することで、希望の求人に早く辿りつけるようになっています。

こういう検索の仕方も、ハローワークの職員の方に教えていただきました。

窓口で相談するのは気おくれすると思うかもしれませんが、自分から聞いてみることで良い情報を教えてもらえることが多いんですよ。

沖縄移住の仕事探しのメンタルを保つ本

◆ドラことば 心に響くドラえもん名言集

沖縄移住のための仕事探しで、誰もが希望の仕事に就くことができたら嬉しいですよね。

でもなかなかうまくいかないこともあります。

そんな時はドラえもんの名言集を読んだら、ちょっぴり元気になるかもしれません。

私はこの本に助けられました。

私の心に刺さったドラえもんの名言は

のび太「ああ!!ぼくはどうすればいいのだ。」

ドラえもん「なやんでるひまに、一つでもやりなよ。」

ショックな事があったり、落ち込んだりすると、つい行動が止まってしまいますが、悩んでいる時間がもったいないですよね。

その間に何か一つでも行動できたら、現実が変わっていくのかもしれないと思いました。

ドラえもんに言われると、なぜかスッーと心に響くんですよね。


まとめ

沖縄に移住したいと思っているのならば、具体的な年月は決めていなくても、どんな仕事があるのか沖縄に移住する前にリサーチしてみた方がいいと思います。

沖縄は地方なので仕事が無い、沖縄の時給は安いなどという情報が多いので、やっぱり沖縄移住は無理なのではないかとあきらめモードになってしまうこともあります。

でも、視野を広く持って仕事を探すと、希望の条件の仕事が見つかるかもしれないと思いました。

転職エージェントのリクナビNEXTは、実際に私も登録してみました。

サイトが分かりやすいし使いやすいです。

毎日メールで自分の条件にあった仕事の求人の情報が届くのでおすすめです。

在宅勤務の仕事に就職できたらいいなと思っています。

仕事探しに疲れたら、ドラえもんの名言集を読んで休憩してくださいね。

◆沖縄で仕事探しの手厚い支援がうけられる場所2選の記事も書いています。
良かったら読んでくださいね↓

沖縄に移住したい!沖縄で仕事探しの手厚い支援が受けられる場所2選

◆在宅コールセンターならば沖縄移住後も仕事探しが不要!の記事も書いています!
良かったら読んでくださいね↓

在宅コールセンターならば沖縄移住後も仕事探しが不要!求人やしくみを紹介

在宅コールセンターはきつい?メリット・デメリットを紹介!